千葉県の防災対策まめ知識 じぶん防災

メニュー

救急・救命[救急・救命]救急車が来るまでに
~心肺蘇生~

救急車が来るまでに

ケガ、事故、急病 ―あわてないで、なによりもまず冷静な観察を

救急車が来るまでに

突然、人が倒れた、出血している、手足が変形しているなど、どうしても冷静さを失いがち。しかし、落ち着いて傷病者の状態を観察して、次にどんな手当てをするか判断してください。
医師や救急車が到着するまでの間に、どんな対応ができたかが、病気やケガの経過に、ひいては命を救えるかどうかを左右するのです。

人が倒れていたら

 周囲の安全を確認し、傷病者の耳もとで「大丈夫ですか」または「もしもし」と声を呼びかけながら、肩をやさしくたたき、反応(意識)の有無を確かめる。

意識があるときの処置
意識があるときの処置

倒れた原因を聞き、症状を確認し、また、衣服のボタンやベルトをゆるめて、からだをできるだけ楽な状態にする。
精神的ショック、不安感をやわらげるには「もうすぐお医者さんがきますから」などと語りかけると効果的。

意識がないときの処置

1.呼吸の有無を調べる(傷病者のそばに座り、10秒以内で傷病者の胸や腹部の上がり下がりを見て、「普段どおりの呼吸」をしているか判断する)。

呼吸と脈があれば横向きに寝かせて安静にする

2.呼吸と脈があれば横向きに寝かせて安静にする(右側を下に横向きにし、両ひざを軽く曲げ左ひざを前に出す。頭を後ろにそらせて気道を開き呼吸しやすくする。呼吸がなければ、ただちに人工呼吸を。脈がないときは胸骨圧迫を並行して行なう)。

人工呼吸のしかた

1.気道確保

気道確保

患者をあお向けに寝かせ、あごを持ち上げながら頭を後ろにそらす。口の中に吐物がつまっている場合、指にハンカチなどを巻きつけぬぐうようにして除去する。

2.息を吹き込む

息を吹き込む

患者の鼻をつまみ、口を大きく開いて患者の口をおおい、息を吹き入れる。

3.吹き込んだ状態を見る

吹き込んだ状態を見る

吹き入れるリズムは、大人の場合5秒に1回、子供は3秒に1回、胸の動きをみて息が入ったか確認する。息が入っていれば胸がふくらむ。入っていないようならもう一度気道をしっかり確保しなおす。

※県内各消防本部で開催されている応急手当の講習会を受講されることをおすすめします。詳しくは各消防本部までお問い合わせください。

胸骨圧迫のしかた

1.準備

準備

平らで下が固い場所にあお向けに寝かせ、救助者はその横わきに両膝立ちの姿勢をとる。

2.圧迫(大人の場合)

圧迫(大人の場合)

(1)胸部の下半分に片方の手のひらの手首に近い部分を当て、その上にもう一方の手のひらを重ね、肘を伸ばし、からだ全体の重みを使って、胸全体が約5cm沈むように、胸骨を押す。

(2)圧迫し終わったら身体を起こし、手の力をゆるめ胸が元の高さに戻るようにする。この動作を1分間に100~120回のリズムで繰り返す。

※県内各消防本部で開催されている応急手当の講習会を受講されることをおすすめします。詳しくは各消防本部までお問い合わせください。